オススメのシャンプー|有機栽培で生産された生産物を意味

Woman is washing hair

含有される成分

シャンプーの成分について

Shampoo

シャンプーの成分
シャンプーに使用されている成分で避けたほうが良いとされている成分は、ラウリル硫酸Naなど、「ラウリル」と記載されている成分です。ラウリル硫酸Naは洗浄剤(界面活性剤)のひとつで、強い洗浄力と、優れた泡立ちの良さが特徴です。同様にラウレス硫酸Naなど、「ラウレス」と記載がされているものも避けた方が良い成分と言われています。
これら2つの洗浄剤は、洗浄力が強すぎるため、長い間使用すると頭皮や髪の油分を取りすぎてしまう傾向があります。また、洗浄剤自体が頭皮に残りやすく、洗髪時にきちんとすすぎ洗いをしないで、頭皮に残ってしまうと、毛根にも悪影響を及ぼすと言われています。また、洗浄力が強いため、髪が軋むことが多くなるため、指通りを良くするために、シリコンが配合されることが多いです。


シリコンはケイ素をもとに作られる合成樹脂です。シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いをまとめると下記のようになります。
○シリコンシャンプー
髪の摩擦を軽減させ、指通りをよくする(髪をコーティングする)
吸着性が高いため、すすぎ洗いが足りないと、肌荒れや抜け毛の原因になる場合もあります。
○ノンシリコンシャンプー
シリコンが起こす頭皮への悪影響が少ない
髪が軋む、艶が少なくなる

どちらを使用するか、上記に記載に特徴を考慮して、決めるのが良さそうです。
オーガニックシャンプーとアミノ酸シャンプーは、そのほとんどがノンシリコンシャンプーのようです。